道を開く寺 善福寺のブログ

願いが叶うご祈願とご相談 〜トラブル・お悩み・ご不安の解決〜

八大龍王から如意宝珠をいただく秘訣

八大龍王は箕面のお山に住む龍神様で、役行者が箕面の山を霊場として開山する前からおられます。

その八大龍王は善福寺の守護神で、本堂の後ろ戸から入って来られます。本尊の十一面観音の脇侍には難陀竜王がひかえておりますので、その龍神信仰をもとに777年に創建されたのかもしれません。

さて、その龍神様を拝むにあたり、様々な方法で試みたところ、啓示がありその作法を持って拝んでありました。
すると龍神様よりお言葉を頂戴しました。

「謙虚であれ。清くなければ弁財天に祈れ」と言われました。
個人的な欲望に満ちた願い事は受け付けない。、と。

その真意は、清い水の如くなければ受け取る事ができない程のご利益だという事で、決して欲望まみれの願いは弁財天に言えと言っているわけではありません。八大龍王の真のご利益を頂戴するには、弁財天のもとで清めてもらわないと受け取れない、という事です。

なぜ弁財天か、、、。
それは手が8本あります。また数字の8は八大龍王の8でもあります。

その意味するところは、仏教の基本概念の八正道です。そのような仏教の基本概念をはじめとするお説法を琵琶を引く如く心に訴えかけてくれます。

この8つの正しくあるべき事柄を肝に銘じて社会生活を営む事が大切であると言っているのです。

①正見(正しい見解を持つ)
②正思惟(正しい考え)
③正語(正しい言葉)
④正業(正しい行為)
⑤正命 (正しい生活)
⑥正精進(正しい努力)
⑦正念(正しい思念)
⑧正定(正しい心のあり方)

これらを意識して生活する事で、自分自身と向き合い、自分自身の本音、心の平安、を持つ事ができるのです。

しかしすぐになれるわけではないので、弁財天をはじめとする神仏にお導きをいただくわけです。

八大龍王は如意宝珠という願いが叶う宝の玉を授与してくれますが、八正道をはじめとする基本的な事ができていなければ、いただいたことにも気づく事ができません。


当山では、祈願する人の成就のために、本地を弁財天とするご祈祷をしております。心願成就、開運、またお祓いに適しております。
祈願料は、3000円、5,000円、10,000円 で受け付けております。